健康と美と幸せのフロンティアショップホームページトップへお気軽にお問い合わせください Tel: 0120-645-121 or 045-520-4044 / Fax: 020-4664-1131 or 045-642-4647

  5,000円以上送料無料 ※ 送料無料対象外品、メーカー直送品を除く

HOME商品カテゴリお支払・配送新着情報お問い合わせカートの中
商品カテゴリ
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
商品詳細

動画:澤野大樹・第13章・跫然たる多次元…〜2013/4/29


130429a.jpg
130429b.jpg

澤野大樹・第13章〜跫然(きょうぜん)たる多次元世界とネイティブ・アースリングの足音〜2013/4/29


 この商品はDVDではなく、PPV(ペイ・パー・ビュー;有料映像)です。購入されると、パソコンで見ることができるURLとパスワードが送られます。

DVDなどのメディアが届くわけではございません。あらかじめご了承ください。

【講演概要】

「日本」の本当の家主、縄文日高見スピリットを引き継ぐ人たちがいる。

 

その縄文日高見のスピリットは地球全体に波及伝播する。

ネイティブ・ジャパニーズはすなわち、

 

ネイティブ・アースリングでもあるのだ。

さあ、今呼び起こそう。

 

内在の深奥に、そして忘却の彼方に伏在してきた、

 

しかし、決して消えぬ魂の火をもう一度熾すのだ。

 

 

人類は、高度な霊性と高度な科学技術を高次元で均衡する状態「半霊半物質」を達成した。

 

そしてiPS細胞は、錬金術の悲願「ホムンクルス」を具現化させた――、

 

それは、ついに三次元人類が「創造主」の位にまで押し上げられたことを意味する。

 

伏在してきたのには意味がある。

 

 

――まさに今、完全なる縄文意識復活と新生の時を得た。

 

あなたには縄文の跫然たるその足音が聞こえるだろうか?

 

――私には聞こえる。

 

地球最先端の未知なる情報への邂逅を体感してみましょう!!

------

商品番号 PPV-130429
商品名 動画:澤野大樹・第13章・跫然たる多次元…〜2013/4/29
販売価格 5,400円
税別価格 5,000円
メーカー フロンティアショップ
送料区分 送料込
配送タイプ 代金引換不可
在庫数

参加者限定:
講演の全内容原稿:
数量:

【講師プロフィール】澤野大樹(さわの・たいじゅ)情報誌INTUITION執筆主幹

 1971年(昭和46年)、東京生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒業。精神世界系出版社勤務を経て独立。

 知識や学識、そしてデータによるエビデンスが偏重されるこの三次元現実世界において、目に見えない多次元世界に漂い練り動く真理の欠片と呼ばれる根源的情報をダウンロードし、且つそれらを可視化・活字化させ、遍くこのマテリアル・ワールドに顕わし示すという稀有な作業を行っている。

 唯物主義的な「堕落の瞑想」に依拠せず、「生きることが即ち瞑想そのもの、祈りそのものとなるように」と、壮大無辺な真理をきわめて身近なものとする。

 この根底には錬金術の奥義である「上の如く、下も然り」が腑に落とされた経験が影響している。

 

 また、半ば常識化されている既存の「アセンション情報」に対し、縦横無尽で唯一無比の多次元解読を駆使することによって、独り歩きする“情報”の問題点や修正点を多次元的に指摘する。

 さらに、私たちが生きる、この「三次元現実世界」こそが、じつは「多次元世界そのもの」であると説く。

 “スピリチュアル”のど真ん中を生きていながら、じつは、アンチ・スピリチュアルな側面も持つ。

 なぜならば、この三次元現実世界こそがスピリチュアル(スピリチュアル・マテリアル)なのであって、世を席巻する多くの、「スピリチュアルを三次元世界で楽しもう」(マテリアル・スピリチュアル)という方向性とは一線を画すからである。

 

★〜★〜★〜参加者の声〜★〜★〜★

 <<あまりにたくさんありますので、最近のものだけをどうぞ。>>

 

● 今日はじめて移転されたお店に行きました。うちの職場の近くでしたのでビックリしました。そしてお腹がポカポカしたのにビックリしました(笑)

 

 

今日も澤野さまの講演大変面白かったです!原稿があるからわたしでもダイレクトに話を聞けるのが大変嬉しいです。ありがとうございます。

 

ますます細くなったなあと思います。特に肩が印象に残りました。

 

 

お話の方は巷で聞いたりわたしが思うような範囲を全然ビョーンとこえた方向で、でもそうだなあと思います。それが目に見えてきたらどうなっていくのか。仕事のあり方とか意識、常識ががらりと変わるんだと思います。

 

そんなすごい話の中でロハの語源が頭に焼き付いています。「只」だなんて。全く思い付きませんでした。わかりそうでわからないことばばかりでしたので、ここらへんは面白いだけでなくありがたくもありました。あっ!ビルゲイツのよみときも澤野さまだなーと思いました。他にはいないと思います。わたしは縄文がいいなと思いました。

 

 

澤野さまの話を聞いていると世界を見る目が変わります。感銘するのですが、それで友人に話してみると何だか違ってくるんです。積み重ねが違うんだと思います。澤野さまが話してこそのものなんだなといつも思います。

 

 

世界のトップたちは遥か先を見ているんですね。でも「人の心」がどう作用するか彼らにもそれは読めない、カオスなんだと思います。そこに面白さを感じました。

 

 

どんな形になっていくかわかりませんが、常識をこえた変わり目にいるんだなと感じます。 

 

 

次回の第14章も拝聴させていただきたいと思います。会員の継続もします。

 

毎回素晴らしい場とご縁をありがとうございます。