健康と美と幸せのフロンティアショップホームページトップへお気軽にお問い合わせください Tel: 0120-645-121 or 045-520-4044 / Fax: 020-4664-1131 or 045-642-4647

  5,000円以上送料無料 ※ 送料無料対象外品、メーカー直送品を除く

HOME商品カテゴリお支払・配送新着情報お問い合わせカートの中
商品カテゴリ
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
商品詳細

アルファグリーン 18リットル


alphagreen_m.jpg
約30センチ四方の箱で届きます。

(アミノ酸総合栄養液) アルファグリーン 18L


【特徴】

・花勢を強化し、着果をよくします。

・着色を早め、色つやを良好にします。

・糖度が高まり、うま味、コクが増します。

・葉菜類の結球をよくします。

・病虫害に強い、寿命の永い作物を作ります。

・土壌の団粒化を早めます。

・濃度障害を防ぎます。

◎アルファグリーンには可溶性たん白、アミノ酸、糖度、乳酸、ビタミン、フィチン、無機物、未知成長因子等が含まれており、有機総合栄養源として有用なアミノ酸総合栄養液です。


・アルファグリーンの施用法は以下のとおりです。

 1.土壌に散布の場合は、10アール当たり原液10kg〜20kgを薄めて散布してください。

 2.葉面散布をする場合は200〜300倍に薄めて散布してください。

 3.施用量が多くても肥料傷みや副作用がありません。

 4.薄めた液は残さず使ってください。残った液を置いておくと腐敗しやすくなるので使用しないでください。

 5.原液は栓をして日陰に保管してください。

 6.アルカリ性の農薬と混ぜないでください。

 7.原液を使う場合は、必ずよく振ってから使ってください。

●送料について(送料無料の対象外です)

このご注文は5,000円以上のご注文でも送料がかかります。製造元より直送となります。詳しくはお支払、配送のページをご覧ください。 

原則1個につき@800円(税別)で、東北、九州は@900円(税別)。北海道・沖縄・離島については別途お見積致します。
20個以上ご注文の場合は、お見積利いたします。後ほどスタッフが再度確認してお見積りメールをお送りします。

また、こちらの商品の決済方法は、お振込のみとなります。

カード決済をご希望の方は別館サイト(ユーザ情報、ポイントなどは引き継がれません)でお買い求めください。

 

商品番号 GOP-15002
商品名 アルファグリーン 18リットル
販売価格 10,800円
税別価格 10,000円
メーカー 吉良商店、忍建材
送料区分 送料別
配送タイプ 農資材(メーカー直送・代引不可)
在庫数

数量:

    

 

作物の、主に食味、特に糖度を上げる液体です

アミノ酸総合栄養液です。
原料は、魚粉、ゴマ、糖蜜です。

製法は有機廃棄物堆肥化装置から得られた水蒸気を冷やし、培養したものです。
 (原理としては木酢液と同じです)

若葉の里2号と同様、苗浸水/葉面散布/土壌潅注と多くの使い方ができる資材です。
キュウリ栽培指針 では、 L養液潅注 に活用されています)
 具体的には、
 ・水で希釈したものに、サツマイモ苗の根元を浸水させる。
  ⇒耐/温,塩,病虫に、生長を揃える。
 ・水で希釈したものを葉面散布剤として用いる。
  ⇒耐/温,塩,病虫に、栄養生長から生殖生長に変える。
 ・土壌に潅注する。
  ⇒発根を抑止、蘇生を助け、収穫を安定させる。
   微生物の活性を高める(ハウス熱源としての温度調整に用いる)。

神谷先生によれば、イモ、果菜類等、糖度を上げる作物に最適、とのこと。

⇒用法の注意、希釈割合等は下方に記載されています。
  "アルカリ性農薬と混ぜるな"というのは酸性を保つ(虫/雑菌の繁殖&雑草の発芽を防ぐ)ためです。)

 ※また、常温保管可で、特に消費期限はありません。

アルファグリーンの葉面散布としての使い方

・散布タイミングは7〜10日毎の夕方。
(理由は、このサイクルで新しい葉ができていく、のと夜の生長に備えるため)

・希釈割合は700倍が基準です。

 (鑑賞用の花にはオススメしません。理由は灰分で花に色がつくため。)
 (他、土に当たると肥料の役目もします。液節約の意味では、ジョウロよりも有効でしょう)

  ⇒関連ブログ:葉面散布について分かったこと

アルファグリーンの土壌潅水としての使い方

@土面積1平方メートルに対し、18ccを採る。

A100倍から200倍の水で希釈する。
 (まんべんなく散布するため、なので、水の量は適宜調整ください。)

BAをジョウロに入れ、まんべんなく散布する。



アルファグリーンの土壌潅水としての施肥量の目安

土壌潅水としての施肥量の目安ですが、 1箱(18L)、10アール用 と覚えましょう。
と言っても、土地面積の言い方っていろいろありますよね。
以下に施肥量の表を記載。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

m2 歩,坪 P1台 畝(せ) a ha
m2(平方メートル) 1 1.6529 3.3058 11.5 99.174 100 991.74 9917.4 10000
畳(じょう) 0.60 1 2 7.0 60 60.5 600 6000 6050.0
歩,坪(つぼ) 0.30 0.5 1 3.5 30 30.2 300 3000 3025.0
P1台 0.087 0.14 0.29 1 8.6 8.7 86.2 862.4 869.6
畝(せ) 0.010 0.0167 0.0333 0.116 1 1.01 10 100 100.8
a(アール) 0.01 0.0165 0.0331 0.115 0.99 1 9.92 99.2 100
反(たん) 0.0010 0.0017 0.0033 0.0116 0.1 0.10 1 10 10.08
町(ちょう) 0.00010 0.00017 0.00033 0.00116 0.01 0.010 0.1 1 1.01
ha(ヘクタール) 0.0001 0.00017 0.00033 0.00115 0.010 0.01 0.099 0.99 1
施肥量[L] 0.02 0.03 0.06 0.21 1.70 1.80 17.85 178.51 180.0
施肥量[cc] 18.0 29.75 59.50 207.0 1785 1800 17851 178513 180000
表の見方ですが、最上の1単位が、最左の数値で言うと何か、となっており、その広さでの施肥量が下の2行に出ております。
"P1台"ってのは、"1台分の駐車スペース"です。
「土地広さなんて分からん、畳(じょう)だの坪(つぼ)だのは、室内のことだからピンと来ない!」と言われる方おっしゃられた方がいたため。。。
"[L]"は、リットル表記、"[cc]"は、シーシー表記になっております。
(過剰な施肥は、問題にはなりません。)あくまで、参考です。

使い方ですが、
1畝の土地に、初めてアルファグリーンを施肥する例ですと
(ここは、確認ですが(最上の)1畝は、(最左の)m2(平方メートル)では、99.174m2 になっておって、)
その施肥量は、リットル表記で見て"1.79"、約 1.8L となるわけです。

身近な人たちのアルファグリーンを使った感想

・舐めたことがありますが、酸っぱいです。
 有機廃棄物堆肥化装置から得られる液も同様な味。
 炭っぽくもありました。
 成分分析(昭和なパンフより)によれば、灰分10%とのこと、だから当り前?
 なぜ、これが甘味を向上させるのか、フシギですが、アミノ酸(旨み成分)だから、食味が上がるのは納得。(管理人)

・うわぁ、ワタシは飲めんゎ。(嫁)


    〜 参考サイト 〜   

関連特許(有機廃棄物堆肥化処理方法及びそれに使用する装置)